はじめに

このサイトについて

 本サイトは「PHP?昔あった携帯の種類だっけ?」「それはPHS!」みたいな小ボケをかましてしまうぐらい超初心者な人のためのPHPプログラミング入門サイトです。
 「HTMLもわかりません」という人でも大丈夫!そんな人のためにHTMLの解説も行っています。サンプルを試しながら一つ一つ順に勉強していけばすぐにわかってきます。自信を持って初めの一歩を踏み出しましょう!
 本サイトでは、PHPの環境設定からはじまり、HTMLの復習もしながら、テキスト出力、データの受け渡し、入力データの保存など、PHPの基本的なところを幅広く取り扱っていますが、それぞれサンプルを設定し、プログラミングとその結果を試しながら学ぶことができます。
 最終目標は、簡単な掲示板を作ること。高機能ではありませんが、自分でオリジナル掲示板ができたら素晴らしいですよね。そして掲示板を作ることができれば、ブログだって、問い合わせフォームだって、アンケートだって作れます。是非チャレンジして下さい!

PHPとは

 ところでいまさらですがPHPとは何でしょうか。昔の携帯電話の一種ではありません(しつこい)。PHPはウェブアプリケーションの開発でよく使われるスクリプト言語です。HTMLとかCSSとかJavascriptとの違いは、サーバー側でプログラムが実行されること。そのため「ウェブ掲示板」や「問い合わせフォーム」のように、ウェブページから入力されたデータがサーバーに記録され、ウェブページに反映されたり、担当者にメールが送られたり、といった処理を行うことができます。この技術を使えばデータベースと連携して、ビジネスで使うような会計の仕組みとか在庫管理の仕組みとかだって作れます。クライアント(ブラウザ)で実行されるHTMLやCSSやJavascriptでは、残念ながらそういった仕組みを作ることはできません。
 それからPHPは、比較的わかりやすい、というメリットもあります。PHPは、HTMLに埋め込んで使うことができます。ウェブページを設計すると、ページ内で一部分だけサーバーからデータを取得して表示させたい、ということがあります。例えばログインが必要なページで、ログイン後のページにログインした人の名前を使って「〇〇さんこんにちは」と表示させたいという場合、その表示部分だけをPHPで作ることができます。ページ全部をPHPプログラムで作る必要がないんです。それだけでも他より簡単そうな気がしてきませんか?
 というわけでPHP。ウェブアプリケーションの開発言語として、比較的わかりやすくて使いやすく、それでいてかなり複雑なシステムも構築することができる、ということで広く使われています。

サイトの構成

 このサイトは、段階ごとにいくつかのページに分かれています。ページの上の方にメニューがありますが、それぞれの位置づけは次のようになっています。
  • はじめに ・・・このページです!
  • 準備編 ・・・PHPの開発環境の設定について説明しています。
  • 前提編 ・・・HTMLに自信がない人に最低限の解説をしています。
  • 基本編 ・・・PHPの基本的な書き方を学びます。
  • 応用編 ・・・PHPで簡易の掲示板などを作ります。
 初心者の人は初めから順に見ていきましょう。HTMLの経験があれば前提編は飛ばし読みでOK。PHPも経験のある人は基本編を拾い読みして一気に応用編まで行っても良いかもしれません。皆さんのレベルや好みに合わせて利用していただければと思います。
 一緒に楽しく勉強していきましょう!

関連リンク

PR

※本サイトは広告で維持されています
参考資料情報
わかりやすさが評判のテキスト。データベースの話も。

もう一歩進んでイチから勉強したい人におススメ。

将来プロを目指しPHP全体をがっつり学びたい人に。


 

ページのトップへ戻る