前提編

その前にHTML

HTMLは大丈夫?

 PHPプログラミングを学ぶ前にHTMLについて確認します。「そんなの知ってる」という人は飛ばして次の「基本編」に進んで下さい。そうじゃない人は確認しておきましょう。PHPで開発するのはウェブアプリケーションですし、PHPプログラムによって出力されるのはHTMLですから、HTMLを知らないと「何を出力させればいいかわからない!」ということになります。ということで、ここではPHPプログラミングに最低限必要なHTMLをざっくり確認します。この機会に、HTMLとスタイルシートをがっつり学びたい人は、当サイトの姉妹サイト「HTMLとCSSで作るWebサイト作成入門」で学習していただくのもアリです。そちらは動画解説もあります。

ざっくりHTMLとは

 HTMLはウェブページを作成するための言語です。Hyper Text Markup Languageを略したもので、直訳すれば「ハイパーテキストを記述するための言語」という意味になります。ページからページにジャンプする「リンク」は正確には「ハイパーリンク」と言い、この形式で記述された文書が「ハイパーテキスト」になります。
 このHTMLは、タグと呼ばれる記号によって記述されます。具体的には<●>~</●>といった記号です。例えば「本日のオススメです」という文字の「オススメ」だけを太字にする場合、HTMLは「本日の<b>オススメ</b>です」と記述します。つまり、太字にするという意味を持つ「<b>~</b>」というタグで「オススメ」という文字を挟んでいるわけです。
 以下のサンプルは「オススメ」という言葉をそのままにした場合と、<b>~</b>タグで挟んだ場合のHTMLタグとブラウザでの表示結果です。表示結果は少しわかりにくいですが<b>~</b>タグで挟んだ方が少し太字になっているのがわかるかと。ウェブページは、このようなタグによって文書を構造化したり装飾することで作られています。

  

  

 そこで次に、HTMLの基本タグを確認しひな形ファイル作りに取り組みましょう。

関連リンク



SPONSORED LINK





ページのトップへ戻る
SPONSORED LINK