経営と情報II 授業計画

お知らせ>最終課題情報を掲載しました。いつものレポートと提出方法が異なります。


・この計画は進捗に応じて変更される可能性があるため常に確認すること。PC等の設定により古いキャッシュデータが表示されることがあるため、ブラウザの更新ボタン等をクリックするか、キーボードの[F5]キーを押して表示内容を更新して確認する。
・評価はシラバスに従う。また2/3以上の出席がない場合や最終課題を提出しない場合は不合格。欠席と遅刻は原則理由を問わないため自己責任で管理すること(課題の未提出や提出遅れも同様)。
最終課題はページ下部のリンクを見て下さい。
・成績評価は最終課題等が終わり集計されるまで確定しないが、各自の自己評価情報を用いてこちらで成績評価を見積もることができる。あくまでも自己管理を支援する参考情報として捉えること。
    オリエンテーション
    授業をはじめるにあたり、授業計画、授業の進め方、評価方法等について説明する。
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59までに、ページ上部にある課題登録システムにアクセスし、自己紹介や授業への意気込みなどを一言登録せよ。これは、以降の課題提出がスムーズに行えるようにするための練習のためである。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。登録したものには課題1回分の得点を与える。
    経営における情報と重要性
    情報という観点から企業という仕組みを捉え、企業経営における情報の重要性を確認する。 説明資料
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59までに、ページ上部にある課題登録システムに、「授業を踏まえた上で、資料で確認した2つの企業は、何のために、どのような情報を利用していていたかを説明し、そのことを踏まえて経営における情報の意義について説明せよ」(分量は100-600字とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。
    現代の経営と情報技術
    情報技術とその発展について確認し、経営における意義を確認する→説明資料
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59までに、ページ上部にある課題登録システムに、「講義と資料を踏まえ、スマートアグリでは、どのようなITが活用され、どのような情報が管理され、どのような問題解決が行われていたか説明せよ。また、資料で紹介された以外で農業でITを活用する方法を提案せよ」(分量は100-600字とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。
    経営情報システム
    経営情報システムとは何か、どんな特徴があるのかについて検討する。 →説明資料
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59までに、ページ上部にある課題登録システムに、「講義と資料を踏まえ、資料で見た外食チェーン企業は、どのようなITを用いて、どのような情報を管理し、どのような問題解決を行っていたか説明せよ」(分量は100-600字とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。
    経営戦略と情報
    ITの活用を考える上で前提となる経営戦略の考え方について検討する。 →説明資料
    今回の宿題はありません。
    経営情報システムの戦略的意義
    経営戦略の策定及び実現におけるITの意義について検討する。→説明資料
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59までに、ページ上部にある課題登録システムに、「講義と資料を踏まえ、授業を踏まえ、資料時点での家具販売2社の競争戦略がポーターの基本戦略のどれに近いか、結果として2社が扱う情報にどのような違いあるか説明せよ」(分量は100-600字とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。
    マーケティングと情報
    情報の観点から企業のマーケティング活動を検討する。
    説明資料
    今回の宿題はありません。
    マーケティングと情報
    ますます重要性が高まりつつあるサービスについて情報の観点から検討する。 説明資料
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59:59までに、ページ上部にある課題登録システムに、「授業を踏まえ、資料に登場したメーカーの1)ターゲット、2)チャネル、3)プライシング、4)製品開発のために検討している情報管理の特徴を述べよ」(分量は400字以内とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。 サービスと情報
    前回の続き。
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59:59までに、ページ上部にある課題登録システムに、 「授業を踏まえ、資料に登場した旅行会社は、優れたサービスを実現するために何を行っていたか、サービスの特性と情報という観点から説明しなさい」(分量は400字以内とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。
    市場対応の経営情報システム
    マーケティングや販売、サービスなど、市場対応分野における経営情報システムについて確認する。
    説明資料
    今回の宿題はありません。
    組織マネジメントと情報
    組織マネジメントにおける情報の意義や、情報処理の仕組みとしての組織の特徴を検討する。 説明資料
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59:59までに、ページ上部にある課題登録システムに「前回と今回の講義と資料の内容を踏まえ、POSシステムや電子マネーを利用する企業側のメリットを情報という観点から説明しなさい」(分量は400字以内とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。 組織マネジメントと情報
    前回の続き。 ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59:59までに、ページ上部にある課題登録システムに、「授業で確認した資料を踏まえ、登場したリゾート企業のトップのリーダーシップスタイルはどのようなものであったか。フォロワーへのコミュニケーションあるいは情報提示という観点から説明しなさい」(分量は400字以内とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。 コミュニケーション技術の効果
    組織において利用されるコミュニケーション技術やナレッジマネジメントの仕組みについて検討する。 →説明資料
    ★宿題★次回の授業の前日(水曜)夜23:59:59までに、ページ上部にある課題登録システムに「授業で確認した資料を踏まえ、登場した2社のタクシー会社の人材育成における特徴を、ナレッジマネジメントの戦略という観点から相対的に評価せよ」(分量は400字以内とする。多すぎても少なすぎても登録できないので注意)。提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること。 ものづくりと情報システム
    最終レポートについて説明する。
    ものづくりにおける情報や情報技術の意義について検討する。 →説明資料
    ★宿題★→最終課題があるため本日の宿題はありません。 まとめ

    ■■ 最終課題 ■■
    • 授業最終回の翌週2019年1月23日(水)夜23:59:59までに、以下のレポートを作成し登録すること。
    • 授業に関連し、最近までに注目を集めている「ビジネスにおけるAIやIOTの活用」について調べ、それらの概要と事例、経営上の意義を説明しなさい。その際「差別化」「コストリーダーシップ」「集中」「自動化」「情報化」「意思決定」「経営資源」「競争優位」「付加価値」から4つ以上を授業で学んだ意味で使うこと」。
    • レポートは、Wordで作成し、それぞれ本文のはじめに、タイトル、学籍番号、氏名を記載すること。
      ※問い合わせがありましたので、ダウンロードして使えるWordフォームを作りました。これを使っていただいても構いませんし、使わなくても構いません。使う場合は、右クリックしてパソコンに保存し利用して下さい。→Wordフォーム
    • 分量は、本文のみで、A4サイズで1〜2枚程度、2000字程度までとするが、分量の多少は評価対象ではないため、不要な文章を加えて分量を多くするなどしないこと(かえって内容が薄くなり評価が下がる可能性もある)。
    • レポートを作成するための参考資料は、本や雑誌、Webサイトの情報など公開されたものを使うこと。そのうえで参考にした資料の情報を最後に記載すること(本の場合:著者、書名、掲載ページ。雑誌の場合:雑誌名、巻号、記事名、掲載ページ。Webサイトの場合:サイト名、URL(http://〜))。参考資料情報として記載されていない情報源からの引用は不正コピーとなるので注意する。なお参考資料情報は上記の分量に含めない。
    • 評価は、上記の必要情報を含み詳しく書かれていること、論理的にまとまっていること、用語や事例の理解が適切であることを総合的に検討して行う。
    • 提出方法は、レポート提出ツールで提出する(IDとパスコードは通常レポートと同じ)。上記期限後に成績処理に入るため、提出遅れは受理できないため注意する。PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに準備し提出すること(上記期間ならいつでも提出可能、ただし再提出は認めないので、途中のファイルを送らないこと。提出された最初のファイルを評価対象とする)。なおPC室のPCのみ動作確認済みであり、それ以外は自己責任で利用する。
    • 参考資料情報のない引用など不正が発覚した場合は課題を無効とし失格とする(学則の罰則対象ともなりうる)。他人のレポートを写した場合は写された人も無効とする。

  page bottom
 
 
 

SPONSORED LINK




page top
SPONSORED LINK