基礎演習(林幹人クラス) 授業計画


お知らせ>

・この計画は、基礎演習の「林幹人クラスのみ」を対象としたものである。他のクラスではそれぞれの担当教員の指示に従うこと。
・この計画は進捗に応じて変更される可能性があるため常に確認すること。PC等の設定により古いキャッシュデータが表示されることがあるため、ブラウザの更新ボタン等をクリックして最新の情報を確認する。サーバー維持のためページ内に広告が表示されることがあるが自動広告であり内容は関知しない。
・評価方法は初回授業で説明する。学期全体で2/3以上の出席がない場合や最終課題を提出しない場合は失格欠席/遅刻/途中退席課題の未提出/提出遅れは原則理由を問わず減点対象となるため自己責任で管理すること。
・課題レポートはこのページ下部から学籍番号を入力して利用する「課題提出システム」から提出する。スマートフォンやPCから利用できるが、うまくいかない場合は、別の機器から試すこと。
・課題レポート内容は授業後に公開する。欠席した場合でも課題提出は可能であり期限までに提出すれば評価対象となる。
・課題レポートの作成にあたりネットや書籍を調べることは制限しないが自らの言葉で記述すること。何らかの情報源や他の学生のレポートのコピーが発覚した場合は評価は無効となる。
・授業中の飲食、私語、情報端末利用、その他迷惑行為は減点対象。スマホはかばんに。

■全体オリエンテーション


■キャリアガイダンス


■ゼミ説明会


■林クラス第1回

基礎演習 林クラスの初回にあたり、授業の狙いや進め方、評価方法などを確認する。 そのうえで林クラスのテーマである「情報とコミュニケーションの技術の活用」について検討し「情報とICTのチカラ」について考える。
★課題★本ページ下部から課題提出システムにアクセスし「あなたが将来就きたい仕事、関心がある仕事を上げた上で、AIがどのような影響を及ぼすか、AIでなくなる仕事かどうかなど、考えを述べなさい」(分量は問わないが、50文字未満ないし600文字以上あると登録できないので、その間で登録する)。提出期限は、授業の週の金曜17:00まで(提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること)。他の注意事項はこのページ上部を参照されたい。


■林クラス第2回

基礎演習 林クラスの第2回は「コンテンツのチカラ」について検討する。 近年、ICTの発展と普及によりコンテンツの提供あるいは利用の方法が多様化してきた。授業では、コンテンツの様々な活用事例を取り上げ検討する。またこれまでに実施された研究についても紹介する。
★課題★本ページ下部から課題提出システムにアクセスし「授業を踏まえ、マンガやアニメなどのコンテンツを使って本学部をPRする方法を考えて説明しなさい。その際、ターゲットは誰かについても述べること。思いつかない人は、紹介した先輩の研究の発展あるいは応用について考え説明しなさい」(分量は問わないが、50文字未満ないし600文字以上あると登録できないので、その間で登録する)。提出期限は、授業の週の金曜17:00まで(提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること)。他の注意事項はこのページ上部を参照されたい。


■林クラス第3回

基礎演習 林クラスの第3回は、「コミュニケーションのチカラ」について検討する。
インターネットの普及により様々な形でのコミュニケーションが可能になったが、世の中にはまだまだ情報の偏在を解消することで解決できる問題がある。また、昨今のコミュニケーションに影響を及ぼしてきたものとしてソーシャルメディアがある。日々の生活で利用され、すでになくてはならない社会のインフラとなりつつものもある。当然、ビジネスにおいても活用され、顧客とのコミュニケーション手段の一つとして用いられることも増えてきた。授業では、コミュニケーションの力について検討し、企業による活用事例やこれまでに行われた研究について紹介する。
★課題★本ページ下部から課題提出システムにアクセスし「ソーシャルメディアの活用によって解決できる学内の問題はないか、考えを述べよ。またそれが可能なのはソーシャルメディアのどんな特徴があるからか。授業を踏まえて説明せよ」(分量は問わないが、50文字未満ないし600文字以上あると登録できないので、その間で登録する)。提出期限は、授業の週の金曜17:00までとする(提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること)。他の注意事項はこのページ上部を参照。


■林クラス第4回

基礎演習 林クラス最終回は「ゲームのチカラ」について検討する。
「情報とICTのチカラ」について考えるこの授業では、ゲームのチカラについて検討する。ゲームが人々を惹きつける仕組みについて検討した上で、それを娯楽以外の分野に適用する例について確認する。
★課題★本ページ下部から課題提出システムにアクセスし「授業を踏まえ、ビジネスにおけるゲーミフィケーションの例を挙げ、そこで使われているゲームメカニクスをあげよ。思いつかない人は大学の授業にゲームメカニクス(目標と得点は除く、できれば複数)を適用して受講生のやる気を引き出す方法を考え説明せよ」(分量は問わないが、50文字未満ないし600文字以上あると登録できないので、その間で登録する)。提出期限は、授業の週の金曜17:00までとする(提出遅れは理由を問わず採点対象としないため、PCトラブル等々のリスクも踏まえ早めに提出すること)。他の注意事項はこのページ上部を参照。


課題提出システムのログイン画面へ

学籍番号(半角小文字英数):
(学籍番号を入力して下さい。大学PCなどのログインIDとは異なりますのでご注意下さい。)

   
 
 
 
 
 

 
ゼミで作った新愛学キャラ
「あぐ太」です!よろしく!

LINEスタンプSHOPから
「あぐ太」で検索

 
Tabemagu(たべまぐ)
MKC周辺のランチ情報

時間があるなら混んだ
学食より外でランチ!

 
あぐマップ(agumap)
360度MKCキャンパス

君は隠れたあぐ太を
何体見つけられる?

 
SPONSORED LINK




SPONSORED LINK